エゾノアオイスミレ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > エゾノアオイスミレ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

エゾノアオイスミレ Viola collina Besser

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > スミレ科 Violaceae > スミレ属 Viola

解説

アオイスミレに似て毛が多く,マルバケスミレの別名がある.葉先が鋭形で,匍匐枝を普通は出さず,冬期は完全に地上部が枯れるなどの点で異なる.日本では,本州中部の山地から北海道にかけて分布するとされていたが,県北東部のブナ帯で生育が確認された(東城町植物誌).

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 東城町(hmn-t-2282)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 36942

文献(出典)

  • 広島県東城町植物誌編纂委員会編(2004),世羅ほか(2010)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる