エサキヒメコシボソガガンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エサキヒメコシボソガガンボ

エサキヒメコシボソガガンボの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 2, 2020)
エサキヒメコシボソガガンボの成虫.湿地などで見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 19, 2020)
交尾中のエサキヒメコシボソガガンボ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May 2, 2020)

目次

エサキヒメコシボソガガンボ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Bittacomorphella esakii

分類

  • コシボソガガンボ科 Ptychopteridae

分布

  • 本州,四国,九州.

解説

  • 白と黒の模様が特徴のガガンボ.
  • 脚を広げながらフワフワと漂うように飛翔し,大変奇抜な印象を受ける.
  • 薄暗い湿地や沢などで見られる.
  • 幼虫は水生.
  • 東広島キャンパスでは5-8月にかけて生態実験園などで観察することができ,個体数も多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > エサキヒメコシボソガガンボ