ウメ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
ウメ(紅梅,植栽)(広島県東広島市 東広島キャンパス; 撮影: 池田誠慈, Feb. 17, 2017)
ウメ(白梅,植栽)(広島県東広島市 東広島キャンパス; 撮影: 坪田博美, Feb. 18, 2018)
満開のウメ(紅梅)(広島県東広島市 東広島キャンパス; 撮影: 池田誠慈, Feb. 17, 2017)

ウメ(広島大学東広島キャンパスの植物)

日本語 / English / 中文

日本語

和名 Japanese name

  • ウメ

学名

  • Armeniaca mume (Siebold & Zucc.) de Vriese

シノニム

分類

  • バラ科 Rosaceae

分布

  • 中国原産

東広島キャンパス内での花期

  • 2月~3月.早いものは1月から開花する.

解説

  • バラ科の落葉小高木.葉は互生で卵形,鋸歯がある.花は早春に開花し,花柄は短く,白色から赤紅色までさまざま.開花後,展葉する.
  • 中国原産で,古くから植栽され染色や食用,薬用に利用されている.梅酒は未成熟の果実を,梅干しはウメの果実を加工した食品.
  • 奈良時代末期成立の万葉集でも多くの和歌が詠まれており,700年台には日本で栽培されていたと考えられる.
  • 花色はさまざまであるが,紅梅色や梅重(うめがさね)など伝統的な色の名称にもなっている.
  • ウメは自家不和合性を示す品種が多く,結実のために花粉親として別の品種を混色する.
  • 広島大学東広島キャンパスでは,6品種のウメの植栽が確認されている.

English

English name

  • Ume tree (tree)
  • Japanese apricot (fruit)
  • Ume blossom (flower)

Scientific name

  • Armeniaca mume (Siebold & Zucc.) de Vriese

Taxonomy

  • Rosaceae

Distribution

  • Native to China.

Flowering season

  • February to March. The earliest ones start flowering in January.

Notes

  • Small deciduous tree of the rose family, Rosaceae. Leaves alternate, ovate, serrate. Flowers appear in early spring, with short stamens, ranging from white to reddish-red. Leaves unfold after flowering.
  • Native to China, this species has been planted and used for dyeing, food, and medicinal purposes since ancient times. Plum wine is made from unripe fruit, and pickled plum is made from plum fruit.
  • In the "Man'yoshu", a collection of Japanese poems written at the end of the Nara period (710-794), many "waka poems" were written about this plant, suggesting that it was cultivated in Japan in the 700s.
  • Flower color varies, but is also the name of traditional colors such as "Beni-ume-iro" (red plum color) and "Ume-gasane" (bright red like a red plum blossom).
  • Many varieties of Japanese apricot are self-incompatible, and another variety is mixed as a pollen parent for fruiting.
  • Six varieties of Japanese apricot have been identified for planting at the Higashi-Hiroshima Campus of Hiroshima University.

中文

中文名 Chinese name

  • 梅花

科学名称

  • Armeniaca mume (Siebold & Zucc.) de Vriese

分类

  • 蔷薇科

分布

  • 原产于中国

开花季节

  • 2-3月,更早的品种一月就开始开花。

解说

  • 落叶小乔木。叶互生,卵形,有锯齿。初春开花,叶柄短,白色至红红色。开花后,叶子展开。
  • 它原产于中国,自古以来就有种植,用于染色、食用、药用。梅酒是用未成熟的果实酿造的,腌梅是用果实制作的食品。
  • 在奈良时代末期(710-794年)的日本诗歌集《万叶集》中,有许多关于梅的和歌诗,据此认为日本在700年代就开始培养梅。
  • 梅花有很多品种显示出不能自交。为了结果和其他作为花粉的父本进行杂交。 广岛大学东广岛校区内可以确认有6种梅品种。

ギャラリー Gallery 画廊

関連ページ


広島大学 > 広島大学デジタルミュージアム > キャンパスまるごと博物館 > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > 東広島キャンパスの植栽 > ウメ