ウスイロシマゲンゴロウ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスイロシマゲンゴロウ

ウスイロシマゲンゴロウの成虫(メス).本州では分布が局所的.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 3, 2019)
ウスイロシマゲンゴロウの成虫.関東以南に分布し,沖縄などでは普通に見られる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Nov. 4, 2018)

目次

ウスイロシマゲンゴロウ

和名

学名

  • Hydaticus rhantoides

分類

  • ゲンゴロウ科 Dytiscidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 小型のゲンゴロウで,本土では局所的だが南西諸島ではふつうに見られる.
  • 前翅は全体的に黄褐色で,目立つ筋模様はない.
  • 水田や池沼などの止水域で見られる.
  • 東広島キャンパスではふれあいビオトープで多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウスイロシマゲンゴロウ