ウシカメムシ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウシカメムシ

正面から見たウシカメムシの成虫.張り出した角が目立つ.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 26, 2019)
口吻を掃除するウシカメムシの成虫.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jun. 26, 2019)
ウシカメムシの成虫.胸部から大きく突き出た一対の角が特徴.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 14, 2019)

目次

ウシカメムシ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Alcimocoris japonensis

分類

  • カメムシ科 Pentatomidae

分布

  • 本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 前胸背の一対の大きな突起が特徴的なカメムシ.
  • 小楯板の白色紋も特徴
  • 樹木の汁を吸うが,セミの卵を吸う姿も観察されている.
  • キャンパス内での個体数は多い.

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > ウシカメムシ