イヌタヌキモ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > イヌタヌキモ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

イヌタヌキモ Utricularia tenuicaulis Miki

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > タヌキモ科 Lentibulariaceae > タヌキモ属 Utricularia

解説

  • ノタヌキモに似るが,葉の裂片は一平面に配列し,水中から出しても毛筆状にしぼまない.
  • 食虫植物で捕虫のうは水中葉の裂片基部に多数つく.
  • 越冬芽は楕円形で,タヌキモのように球形ではない.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,沿岸部から吉備高原面に分布し,池や溝に沈水している.

産地

天然記念物

標本

  • 極楽寺山(yw-6435),黒瀬町国近(km-3929),東広島市郷曽(ms-1429),呉市十門池(hh-6186),野呂山(yw-4873),安浦町野呂(ms-3039),大和町下徳良(sf-2398),世羅西町小国(ns-159),本郷町用倉(ms-4528),三原市沼田西(ms-5226),尾道市市原(sf-1112),久井町江木(sf-8678),府中市箱田(yk-10442)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 52240

文献(出典)

  • 井波(1990),関ほか(1994),下田(1995),広島大学理学部附属宮島自然植物実験所・比婆科学教育振興会(1997)

広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる