イトアオスゲ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > イトアオスゲ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

イトアオスゲ Carex breviculmis R.Br. var. discoidea (Boott) Boott

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 単子葉植物綱 Monocotyledoneae > カヤツリグサ科 Cyperaceae > スゲ属 Carex

解説

  • 葉の細いアオスゲの一型で,宮島の海岸近くに見られる.
  • 大井はイトアオスゲとして扱っているが,北村,村田と小山はヒメアオスゲとしている.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 宮島(Y. Doi-14185,HIRO-MY,C. perangustaの副基準標本)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • ヒメアオスゲ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 73955

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる