イタチハギ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > イタチハギ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

イタチハギ Amorpha fruticosa L.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > マメ科 Fabaceae(Leguminosae) > イタチハギ属 Amorpha

解説

  • 道路のり面の植栽として導入され,時に逸出している.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 向島(yy-5679),広島市水越山(km-2694),府中町水分峡(yw-1984),比婆山(mt-6653),野呂山(mt-9292),東広島市三永(hh-6800),呉市押込町(mt-11694),廿日市市佐方(hu-21),熊野町宮前(yw-14998),倉橋島(sy-6),黒瀬町岡郷(sy-480),大和町安田山(mt-16790),新市町大佐山(gi-264),福山市中津原(gi-327)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • クロバナエンジュ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 28265
  • 栽培・逸出

文献(出典)


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる