アリドオシ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アリドオシ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

アリドオシ(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, Apr. 11, 2001)
アリドオシの果実(廿日市市宮島町; 撮影: 向井誠二, Apr. 11, 2001)
アリドオシの果実(広島大学植物園; 撮影: 池田誠慈, Jan. 13, 2017)

目次

アリドオシ Damnacanthus indicus Gaertn.fil.

シノニム

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > アカネ科 Rubiaceae > アリドオシ属 Damnacanthus

解説

  • 広島県では比較的めずらしい植物で,個体数も少ない.
  • 枝がよく分枝し,葉が小さく長さ5~10 mmのものをヒメアリドオシ(f. microphyllus Makino)といい土井(1983)が玖波から報告している.アリドオシとの間に中間形がある.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

  • 広島県では,島嶼部から沿岸部の温暖な地域の社叢や谷に分布.

産地

天然記念物

標本

  • 大竹市前飯谷(km-6066),宮島(rn-6307),広島市馬木八幡(yy-8707),倉橋島(yy-9282),上蒲刈島(yy-10352),大崎下島(yy-8455),豊島(yy-13647),尾道市摩訶衍山(sf-3293)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

  • アリドウシ

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード: 45900

文献(出典)

引用文献

  • 土井美夫. 1983. 広島県植物目録. 148 pp. 博新館, 広島.

インターネットリソース



広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる