アマツバメ 宮島

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > アマツバメ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

目次

アマツバメ Apus pacificus kurodae

分類

動物界 Animalia > 脊索動物門 Chordata > 脊椎動物亜門 Vertebrata > 鳥綱 Aves > アマツバメ目 Apodiformes > アマツバメ科 Apodidae > アマツバメ属 Apus > アマツバメ(種) Apus pacificus > アマツバメ(亜種) Apus pacificus kurodae


解説

  • 1993.4.3(砲台)が最も早い初認で,5月までには渡来する.
  • 宮島に営巣はしていないが,大竹沖の白石灯台で繁殖していて,雨模様時に飛来することがある.

(資料提供: 熊谷美登(厳島の鳥を知る会))

備考

参考文献

  • 宮島町教育委員会(編). 1999. 宮島の野鳥. 176 pp. 宮島町, 宮島町.
  • 日本鳥学会(編). 2012. 日本鳥類目録改訂第7版. xx + 438 pp. 日本鳥学会, 三田.

更新履歴


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 宮島の野鳥 > アマツバメ | 広島県の動物図鑑 / 和名順