アズマレイジンソウ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > 植物 > 郷土の植物 > 維管束植物 > アズマレイジンソウ | 広島県の植物図鑑 / 和名順

目次

アズマレイジンソウ Aconitum pterocaule Koidz.

シノニム

  • Aconitum chrysopilum Nakai
  • Aconitum loczyanum Rapaics var. pterocaule (Koidz.) Ohwi
  • Aconitum pterocaule Koidz. var. albidum (Nakai) Tamura
  • Aconitum pterocaule Koidz. var. glabrescens Tamura
  • Lycoctonum chrysopilum (Nakai) Nakai
  • Lycoctonum pterocaule (Koidz.) Nakai

その他

分類

種子植物門 Spermatophyta > 被子植物亜門 Angiospermae > 双子葉植物綱 Dicotyledoneae > キンポウゲ科 Ranunculaceae > トリカブト属 Aconitum

解説

  • 県内には,レイジンソウ(吉和村)とアズマレイジンソウ(東城町)の記録がある.吉和村の植物について,門田裕一はフジレイジンソウ(A.×fudjisanense Nakai)の1型かも知れないが詳細な検討を要するとしている(窪田・藤井 2007).門田は,東城町の植物を調査していないようであるが,花の形態的特徴は吉和村のものと類似しており,県内の種については今後研究が必要であると思われるので,ここではまとめてアズマレイジンソウとしておく.

花期

分布・産地・天然記念物

分布

産地

天然記念物

標本

  • 東城町(hbg-15165),吉和村(hbg-15010)

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

  • 環境庁コード:

文献(出典)

  • 渡辺ほか(1998),よしわまなびの森資料検討委員会植物部会(2001;レイジンソウとして),広島県東城町植物誌編纂委員会編(2004),窪田・藤井(2007),世羅ほか(2010)


インターネットリソース


広島大学 / デジタル自然史博物館 / 植物 / 郷土の植物 / 維管束植物 | 広島県の植物図鑑 / 和名順 にもどる