アジアイトトンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アジアイトトンボ

アジアイトトンボの成虫(オス).アオモンイトトンボに似るが,より小型で腹部第9節の全体が青い.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Jul. 29, 2019)

目次

アジアイトトンボ(広島大学東広島キャンパス)

和名

学名

  • Ischnura asiatica

分類

  • イトトンボ科 Coenagrionidae

分布

  • 北海道,本州,四国,九州,南西諸島.

解説

  • 水生植物の豊かな止水域でよく見られるイトトンボ.
  • アオモンイトトンボに酷似するが,本種のほうが華奢な体型で,オスの腹部末端の青色班の位置や,メスの腹部第1節の背面が黒いことなどで識別する.
  • 東広島キャンパスでの個体数はふつう.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アジアイトトンボ