アシブトハナアブ

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > アシブトハナアブ | 広島県の動物図鑑 / 和名順

アシブトハナアブの成虫(メス).メスのほうが,複眼が左右に別れる.(広島県比和町, Sep. 19, 2004)

目次

アシブトハナアブ Helphilus virgatus

分類

節足動物門 Arthropoda > 昆虫綱 Insecta > ハエ目 Diptera > ハナアブ科 Syrphidae > ハナアブ亜科 Eristalinae > ‎Helphilus > アシブトハナアブ Helphilus virgatus

解説

  • 日本全土に分布.
  • 体長12~14mm.
  • 脚は黒色で腿節が太く、脛節が湾曲する.
  • 幼虫は水生、成虫は3~10月まで出現.
  • 花によく集まる.

天然記念物・RDB

  • なし

慣用名・英名・広島県方言

慣用名

英名

広島県方言

備考

参考文献


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 郷土の動物 > 広島県の昆虫 > アシブトハナアブ | 広島県の動物図鑑 / 和名順