アサヒナカワトンボ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アサヒナカワトンボ

成熟したアサヒナカワトンボの成虫(オス)の橙褐色翅.成熟すると体に粉を吹く.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, May. 30, 2019)
アサヒナカワトンボ(成虫オス)の橙褐色翅.ニホンカワトンボよりも不透明斑は発達しない.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 30, 2018)
アサヒナカワトンボの成虫(オス)の透明翅.周囲を樹林で囲まれた渓流を好むため,生態実験園は本種の生息環境に適していると考えられる.(広島県東広島市鏡山; 撮影: 南葉錬志郎, Apr. 25, 2019)

目次

アサヒナカワトンボ

和名

学名

  • Mnais pruinosa

分類

  • カワトンボ科 Calopterygidae

分布

  • 本州(関東以南),四国,九州

解説

  • 丘陵地~山地の樹林に囲まれた渓流や細流を好む.
  • オスの翅色は褐色翅,橙褐色翅,無色翅の三型があり地域によって異なる.
  • 東広島キャンパスでは生態実験園の細流沿いでよく見られる.

備考

参考文献

  • 尾園 暁・川島逸郎・二橋 亮. 2012. ネイチャーガイド 日本のトンボ. 531 pp. 文一総合出版, 東京.

広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの動物 > アサヒナカワトンボ