アキニレ 広島大学東広島キャンパス

提供: 広島大学デジタル博物館
ナビゲーションに移動検索に移動
アキニレ(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Dec. 1, 2017)
アキニレの花(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Sep. 28, 2020)
アキニレの葉と果実(広島県東広島市鏡山; 撮影: 池田誠慈, Nov. 1, 2019)

アキニレ(東広島キャンパスの植物)

和名 Japanese name

English name

  • Chinese elm

中文名 Chinese name

  • 榔榆

学名 Scientific name 科学名称

  • Ulmus parvifolia Jacq.

分類 Taxonomy

  • ニレ科 Ulmaceae

分布 Distribution

  • 中国大陸の広い範囲と朝鮮半島,インドシナ半島,日本,台湾に分布.日本では主に西日本に分布する.
  • Distributed over a wide area of ​​mainland China and the Korean Peninsula, Indochina Peninsula, Japan, and Taiwan. In Japan, it is mainly distributed in western Japan.
  • 它主要分布在中国大陆的大部,朝鲜半岛,印度支那半岛,日本和台湾等地。在日本,主要分布在西日本。

東広島キャンパスの花期 Flowering season

  • 9月 September

解説 Description

日本語 Japanese

  • ニレ科の落葉高木.
  • 花の咲く時期に特徴があり,春に開花する種類が多いニレ属の中でも珍しい秋開花の種で和名の由来にもなっている.
  • 他のニレ科の樹木と共に街路樹などに利用される.
  • 東広島キャンパスでも同じニレ科のケヤキと同様に多く植栽されている.

English

  • Deciduous tree of Ulmaceae.
  • It is characterized by the time when the flowers bloom, and it is a rare species of autumn flowering in the genus Ulmus, which has many species that bloom in spring, and is also the origin of the Japanese name.
  • It is used for roadside trees along with other elms.
  • Many are planted on the Higashi-hiroshima campus as well as zelkova of the same Ulmaceae family.

中文

  • 榆科落叶树
  • 该种的特征主要在于开花时间,该种是榆属植物中少有的即在春天开花又在秋天开花的品种,这正是其日本名字的由来。
  • 主要和该科的其他种用于行道树。
  • 在东广岛校区和同科的榉树大量被种植。


ギャラリー Gallery 画廊


広島大学 > デジタル自然史博物館 > メインページ > 広島大学の自然 > 東広島キャンパスの植物 > アキニレ