お知らせ/20180917日本植物学会公開講演会

提供: 広島大学デジタル自然史博物館 植物
移動: 案内検索

目次

日本植物学会公開講演会

現在,以下の様な講演会を計画しております.詳細は日本植物学会大会のWebサイトで掲載予定です.


公開講演会 2018年9月17日(祝) 10:00~12:00 会場: 広島県廿日市市宮島町779-2 宮島学園(宮島小中学校)体育館。

  • 公開シンポジウム「共生を超えて―「神の島」宮島の自然と歴史―」を企画しています。日本植物学会会員以外の方も参加無料です。会場は宮島桟橋から左方向へ出て徒歩5分です。予約・申込は不要ですので、当日会場に直接お越しください。宮島の植物の他、それにかかわる島の生活、文化、歴史などに関するシンポジウムになります。

公開講演会

講演会プログラム

  • 「日本植物学会会長の御挨拶」(仮):三村 徹郎 (神戸大学理学研究科教授・日本植物学会会長)
  • はじめに(仮):山口 富美夫(広島大学理学研究科教授・第82回日本植物学会大会会長)
  • 「日本の縮図としての宮島の生態系」:関 太郎 (広島大学名誉教授)
  • 「シカの棲む島、宮島の森林植生の特殊性」:奥田 敏統(広島大学大学院総合科学研究科)
  • 「歴史資料にみる宮島の自然」:本多 博之(広島大学大学院文学研究科)
  • 「宮島の土砂災害と紅葉谷川庭園砂防」:海堀 正博(広島大学大学院総合科学研究科)

エクスカーション

2018年9月17日(祝) 14:00~16:00 複数コース(集合場所等,追って詳細お伝えします)

講演会終了後,宮島島内でエクスカーションを予定しています。講演会で議論した宮島の自然に直接触れる機会を設けます。講演会の内容に関連した場所を案内いたします。

  • 植物観察コース:関 太郎 (広島大学名誉教授)
  • 砂防観察コース:海堀 正博(広島大学大学院総合科学研究科)

協賛・後援

協力

リンク